神々のふるさと高千穂で心と体を清めるパワースポットヨガ

産後0日目からのママインストラクターヨガライフ

地元人が選ぶ!パワースポット高千穂でイチオシの雲海を見る場所は?

 

パワースポット高千穂のヨガインストラクター、千穂ともこです。

 

 

 

これまで、地元人の目線からパワースポット高千穂で雲海が見れるスポット3か所を紹介してきましたが、結局どこがいいの!?となりますよね。

 

実はその日の気候によって、ベストな場所が変動するんです。こちらの記事を読めば、より確実に朝日と雲海を綺麗に見れて、写真にもバッチリおさめられる場所を選ぶことができます!

 f:id:citta2017:20171129071841j:plain

 

3か所を比較してみよう

 

さて、想像してみてください。パワースポット高千穂に来ました!そしてこちらの記事通り、雲海発生条件にも結構当てはまってるから、日の出前から雲海が見れそう!!

www.chihoyoga-life.com

 

そしたら、これまで紹介した3か所のうち、どこに行く???って、なりますよね。

以下は3か所の記事です。

→①国見ケ丘(中畑神社遥拝宮 )

→②烏帽子岳 

→③四季見原キャンプ場

 

それでは、どこに行けばいいのか、これまでの3か所の雲海記事の評価「中心街から距離・アクセスの良さ・整備環境(足場の良さetc)・景色の美しさ」を以下でおさらい、比較してみましょう。


知名度No.1の国見ケ丘】
中心街から距離:★★★★★
アクセスの良さ:★★★★★ 
整備環境:★★★★☆
景色の美しさ:★★★★★

 

 【穴場すぎる烏帽子岳

中心街から距離:★☆☆☆☆
アクセスの良さ:☆☆☆☆☆
整備環境:★☆☆☆☆
景色の美しさ:★★★★☆

 

【野生シカにも会えるかもな四季見原キャンプ場】

中心街から距離:☆☆☆☆☆
アクセスの良さ:★★☆☆☆
整備環境:★★★☆☆
景色の美しさ:★★☆☆☆

  

ご覧の通り、総合でぶっちぎりを見せるのが『国見ケ丘』です。

f:id:citta2017:20171129071558j:plain

f:id:citta2017:20171125054230j:plain

 (産後3か月のだぼだぼの授乳服で失礼いたします(汗)しかも早朝寝ぼけながら来たのでマフラー2本巻いてます(大量汗))

 

近い!道路整備OK!見るとこ整備もOK!トイレも自動販売機もある!!

 

なので、基本的に国見ケ丘で見れるんだったら、国見ケ丘に行かれることをお勧めします!

 

イチ押しの場所をおススメできないときがある!

 

じゃ、国見ケ丘行かなきゃよかったかな~ってときは、どんなとき??それは…

 

雲海で国見ケ丘が埋まってるときです。

f:id:citta2017:20171128002530j:plain

周りがひたすら白すぎる…。

 

f:id:citta2017:20171128002659j:plain 朝日までぼやけすぎて写真で撮ってもいまいち…。

 

ではここで、標高の高さをそれぞれ見てみましょう。「国見ケ丘」約300メートル、「烏帽子岳」約800メートル、「四季見原キャンプ場」約1200メートルです。

 

そしてこれが800メートル「烏帽子岳」から見た300メートル「国見ケ丘」。

f:id:citta2017:20171216005052j:plain

印のところあたりなんですが、この日は雲海で埋もれてそうな埋もれてなさそうな…。もしかすると「国見ケ丘」で足元にせまる雲海が見えた日かもしれません。

 

f:id:citta2017:20171216005113j:plain

 この日は完全に埋もれてますね。なので、この日「国見ケ丘」に行った人は「烏帽子岳」に行けば見れた朝日を埋もれて見れなかったことになります(涙) 

 

標高が300メートルの国見ケ丘では、結構こういうときがあります。なので、雲海で埋まっていれば、それよりも標高800メートルの「烏帽子岳」か、1200メートルの「四季原キャンプ場」に行くわけです。

  

その日のベストな場所選びに、必ず使う裏技をご紹介

 

「ええ?でも、雲海にその日うもれてるかどうやってわかるの?」

 

「わからなくて、とりあえず一押しの国見ケ丘に行って、うもれてたから別の場所に行ってたら、朝日が昇る瞬間も逃しちゃうよ!」っていうことは避けたいですよね。

 

そんなとき、地元人だから知る、確実に雲海に埋まってるかどうかチェックする裏技があるんです!それを紹介しているのがこちらの記事↓

 

www.chihoyoga-life.com

 

こちらで紹介しているライブカメラを使うんです!(記事の中でライブカメラで見た朝日や雲海も紹介しています。)それで、曇った日の見え方はこんな感じです↓

 

f:id:citta2017:20171216005941p:plain

 

あら、真っ白…

 

ということは、「雲海自体は出てるんだから、烏帽子岳か四季見原キャンプ場で見れそうだ!!」ということになります。 

 

でですね、じゃ、「烏帽子岳」か「四季見原キャンプ場」か?ってなるじゃないですか?

 

烏帽子岳」か「四季見原キャンプ場」か決める裏技は…

 

 

 

 

「あるよ。」

 

 

 

 

ライブカメラ、あるよ。」

 

 

 

出た!ライブカメラ!さすが人類の進歩!!!

 

 

 

 

 

「でも、今、メンテナンス中で見れないよ。」※2017年12月15日現在

→メンテナンス中を告げる四季見原キャンプ場のライブカメラはこちら(涙)

 

 

 

 

 

なに~~~~~~~~!!!

 

 

 

 

そうなんです、結論から言えば、「国見ケ丘」に行っていいのかどうかまではわかるのですが、その先はどちらが良いかわからないんです。

 

もし、ライブカメラが見れたら、おそらく「3.阿蘇方面」「4.上野~ループ橋方面」あたりをクリックすると雲海が見れて

 f:id:citta2017:20171216011145j:plain

「あ~、結構低そうだな~、これだと烏帽子岳のほうが見ごたえあるな~」

 f:id:citta2017:20171209065651j:plain

「お!結構近くに見える!これだと烏帽子岳は埋まってるかもだから四季見原キャンプ場か!」

 

と判断の確実さが増すわけなんですが…(涙)

 

でも、めげません!あとは何か判断基準になるものは!?それは、

 

 

 

気温。

 

 

気温だって、大昔の人は肌感や自然の変化をヒントにだいたいを予想して動く程度だったと思うんですけど、最近じゃ、スマホで「高千穂、気温」とかで検索すればピピピッって出てくるので、本当に機械の進歩はありがたいです。

 

さて、気温は低いほど雲海は下がります。目安10度未満だと標高300メートルの「国見ケ丘」で見れる確率が高いです。でも念のためライブカメラでチェック!

 

「国見ケ丘」が埋もれていて、10度~12度以上くらいだと、標高800メートルの「烏帽子岳」のほうが間近で見ごたえはいいのかもしれません。 

f:id:citta2017:20171204011642j:plain

もこもこ濃密な雲海の烏帽子岳

 

f:id:citta2017:20171204011544j:plain

龍みたいな雲海

f:id:citta2017:20171204011051j:plain

ぶかぶかの授乳服で瞑想中(汗)

 

でも13度以上だったり、

 

烏帽子岳」が万が一埋もれてしまっていて朝日が見れないていうリスクは取りたくない!

 

足元迫る見ごたえは劣るけど、とにかく確実に雲海と朝日を見れればいい!

 

のであれば、標高1200メートルの「四季見原キャンプ場」を選ぶのが賢明かな~、とは思います。

f:id:citta2017:20171209075928j:plain

四季見原キャンプ場の低い雲海はこんな感じ。2人目のみーとんと。

 

究極的なベストな場所に出会えるかは運次第

 

なので、究極的に言ってしまえば、やはり最後は雲海とご来光が綺麗に見えるのは、「運」次第になります。もちろん、この記事を読んでもらった方は、「雲海に埋もれる国見ケ丘へ行ってしまうこと」は確実にライブカメラで避けれます!

 

雲海が見れるかもそうですが、そもそも雲海が発生することも「運」次第、自然条件次第です。その複雑な自然条件で顔を出したり出さなかったり、そして毎回濃さだったり形で表情を変える雲海の、その豊かさが、地元人の私から見ると魅力に思います。 

f:id:citta2017:20171209080155j:plain

 

見れなかった日は、また別の日にご自宅や移動中にライブカメラをこまめにチェックしてみてください。シーズン中には雲海が、そうでないときもパワースポット高千穂に昇る朝日が見れるかもしれません。そして、もしよければ、またいつか、本物の雲海を見に高千穂に足を運んでくださいね。

 

 

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。パワースポット高千穂のヨガインストラクター、千穂ともこでした。